花の色

スイス留学中の女子大生

帰国前夜

あっという間だった。もう留学が終わる。

ETHZでは、日本の学部4年や修士での研究とは違った分野のことをしていた。関連分野のReviewを読みまくるところから始まり、スーパーバイザーに言われるがままに手を動かした。全部が全部初めて使うソフトばかりで、公式のDocumentを読みながら乗り越えた。今は論文が形になるようただ祈って待っている。

思っていた以上に捗った。理由をいろいろと考えてみたい。

研究室のメンバーが優秀

ポスドクまたは博士課程の学生が日常的に軌道修正をしてくれる。ゼミでのコメントが建設的で、次にすべきことが自ずと見つかる。

時間にゆとりがある

バイトをしなくて良い。これが一番大きかった。日本にいた時は親からもらうお金で友達と遊んだり、服や化粧品を買ったり、というのに抵抗があり、ずっと忙しくバイトをしては物欲に消費していた。高校生ぶりのバイトなしの暮らしは最高だった。健康で文化的な生活を送ることができた。

友達に恵まれていた

チューリッヒ留学中の日本人学生での集まりがとても居心地がよかった。寮生活で家が違い分、行き来のハードルが低く、しょっちゅうホームパーティやBBQをした。チューリッヒにいる日本人大学生はいわゆる遊学という人は皆無で、しっかりと目的意識をもっている人ばかりだった。もう全部やめて日本帰りたいな、って弱気になった時でも、集まるのは楽しかったし、ここで挫けたらかっこ悪いから頑張らなきゃ!と思わせてくれた。日本にいる時よりも濃い人間関係があった。

軸がぶれにくくなった

留学で一番良かったことは、私は研究するのが好きだと気づけたこと。

プロジェクトが進めば進むほど、楽しくてしょうがなかった。自分の頭で考えた結果が教授に認められる。自分の知識が付くほど、周りのメンバーの研究内容がわかるようになる。実りのある議論ができるようになる。誰かの論文がアクセプトされたり、教授が表彰されたり、メンバーの成功をみんなで祝福するのが良い刺激だった。研究室に通うのが楽しかった。修士進学かつ修了年限を伸ばして、同級生がどんどん先に社会人になることも気にならなくなった。就活の役に立つかとか、コスパの良い生き方とかを考えなくなっていた。ただ目の前の研究が面白くて熱中した。

日本にいた時はいつも、ほんとうのしあわせについて考えすぎてしんどくなっていた。過去の選択に後悔し、その後悔が現在下すべき判断を鈍らせ、またその後悔を引きずる。でもネガティブな人間は嫌われると思っていたから明るく振舞おうとしていた。私は何もかもが中途半端だった。好きで熱中していたら役に立つかどうかなんてどうでもよくなるはず。燃え尽きていたわたしは、報酬を期待しない努力ができなくなっていた。

大学の友達が、こんなことを言っていた。「水族館のイルカショーを観ていた時、飼育員さんが羨ましいと思った。イルカが好きで、イルカと関わる仕事にしたいと思って、実現している。すごくシンプルで幸せ。ここまで勉強を頑張った分の元が取りたくて学歴に見合った就活をした。私は勉強が好きだったわけじゃない。好きなことを仕事にしたかったけど、レールを外れるのは怖かった。」これを聞いた時、ものすごく共感した。今思うと本当に贅沢な悩みだ。

めっちゃ稼げるけど激務、激務薄給だけど世間体が良い、出張・転勤しまくりだけどやりがいがある、出産育児の手当てが厚いけど薄給。いろんな仕事があって、自分の人生設計との兼ね合いと、価値観と、いろいろ勘案するとどうしていいかわからなくなる。自分の軸がやっと定まったので、もう心が揺れることは少なくなると思います。留学を通じて私は、この分野の延長で研究職に就きたいと思うようになりました。